立川でマッサージほぐしの達人ドンキホーテ立川店感想等

立川でマッサージほぐしの達人ドンキホーテ立川店


前に行ったときの記憶を頼りに書いて入るのでなんとも多少脚色されている可能性が
あるかもしれないが、振り返って感想を記入したいと思う。

実はというと前回記載したもみの匠よりも先にこちらを利用していたのだ。
ドン・キホーテの構内で友人と買物をしている最中、別行動を提案され、
その空いた時間にぶらぶらしていたのがきっかけだった。

ほぐしの達人と言えばオレンジ色の看板に太鼓判と書かれた親指が印象に残る。
しかし立川のほぐしの達意人はオレンジ色の看板だけで、少し分かり辛いのだ。
HOGUSHINOTATSUJINとローマ字で記載されているので
意識をしないと達人さんだとわからなかったのだ。
それでもこちらを見つけられたのは全ての階層をぶらぶらしつつ、それでも
時間が余ったので上からまた見て回ったときだった。
入口付近にはきちんと「ほぐしの達人」と記載されていたのだ。
↑ほぐしの達人ドンキホーテ立川店の入口付近である。

ここを見逃していたら出会いはなかっただろうし、このブログも作成されていなかったで
あろう、少し時間に余裕があったのでいざ入店してみると、空いているみたいですぐ案内してくれた。券売機での購入も実にシンプルで、購入を間違える事はない。(だろう)

一番ほっとしたのはしきりのカーテンがあったことだ。
もしなくても買ってしまった手前、辞めるなど言えないので結局は受けていたが、
やはり無防備の姿を多人数に見られるのは恥ずかしいのだ。

マッサージ開始時に身体を全身調べるような動きをされ、そこから背中にぐいっぐいっと
丁度いい圧が入ってくる。特に何も言わなくても丁度良い力だったので何もいわずに
黙々とやってもらっていた。が、肩が辛いといい始めてみたら思いのほかうんちく等の
話が入ってきた。もちろんありがたいしなるほど、と納得していたりはしていたが、
私は黙々とやられたいタイプだったので途中寝たふりをしたりもした。

上半身が終わり、下半身に移ったときだ、足が悪いのかすごく痛い。イタタタタ
と声を上げ、弱くしてもらった。マッサージ師の人は申し訳なさそうに謝罪を入れてくる
のがなんとも居た堪れない。身体のメンテナンスを怠ったのは自分なのだ。
それを改善しようとしてもらっているのに、むしろ感謝しなければいけない立場だと
私は思う。今度からは声を荒げるよりも、弱くといったほうがいいのかもしれないと反省
した。

足も終わり、今度は仰向けである。仰向けになったとき、まぶしさと同時に素朴さが出迎える。天井が貼られていないだけでここまでさびしい形になるのかと思う。
確かに貼っていない分、高くなっているのだが、そこに並んでいる鉄骨などが丸見えで、
雰囲気を重視している方とは相性はよくないだろうという感想を抱いた。
もちろん気持ちい事は気持ちいので結果が大事な人は特に問題ないだろう。
肩が内側にはまっていると言われ、その原因の部分を触られたときに激痛が走る。
びくっとした瞬間、マッサージ師はそれに気付いてすぐに力調整を行っていた。
小さな動きをも見逃さないその采配に身体を委ねる接客業の大変さを垣間見た。
すぐに丁度いい力加減になり、こりこりとした部分をひたすら掌でこすられていた。
あまりにひどいと押さずにさするのが効果的なのか?と疑問を浮かばせつつ受けていたが、反対側に移るとき、やられていた部分との違いがはっきりわかった。
稼動域が目に見えて変わっているのだ。肩をまわしてもゴリゴリ言わず、スムーズに動き、生まれ変わったような気持ちになった。すごい、すごすぎる。
本来の状態に戻って感動したのだ。テレビなどで見る不良が善行をして褒められる流れも
きっとこうであろうと頭の中でぐるぐるしていた。こういった与太話を頭の中で
めぐらせているうちに時間が来て最後に肩を叩いてもらった。ウィンドウショッピングで時間を無駄にするより有意義な時間だったと思い、感謝の言葉を述べて友人と待ち合わせたところに戻る。

総括すると買物に付き合いつかれた人にはかなりいい場所ではなかろうか?
若干天井が丸見えで寂しさがあるが、そんなのマッサージを受けてる最中気になるのは
私だけだと思われる。購入するコースが長さのみなので、こういったところも
かなり分かりやすい。終わりごろにはなにを買おうかとか考えながら。夢現になにを
しようか心躍らせるのも悪くはないのかもしれない。



コメント

このブログの人気の投稿

立川でマッサージ店まとめてみた|60分2980円

立川でマッサージもみの匠立川店感想等